【恥も外聞もなく】E’storage2016の操作動画とってみました【講座受講生限定公開】

こちらの記事で、どうもうまく説明できた気がしないので、ためしに動画を取ってみました。

1、2時間でちょちょいとできると思ったのに、どえらい時間がかかってしまいました。計5時間くらいかかったかな?

 

先生やおおしまさんの足元にも及ばない、へっぽこ底辺動画ですが、我こそはという怖いもの知らずなあたなには、共有させていただきます。ただ、このブログは自分の勉強のためと、講座受講生への情報共有の目的で書いており、今回もその一環なのでレバレッジ特許翻訳講座受講生で、ブログを書いている方に限らせてください。コメント欄に、運営しているブログ名もかいていただけると嬉しいです。こっそり遊びにいくかも・・・。

なお、youtubeで公開する都合上、gmailアドレスが必要です。コメントに記入いただく際のメールアドレスは、gmailアドレスにしてください。アドレスは、私にしか見えないようになっていますが、私が、魔がさして流出させてしまったらたいへんなので捨てアド推奨です。

 

先に言い訳しておきますと、

 

①冒頭で、レバレッジ特許翻訳講座の受講生のsuzukiですって言うつもりだったのに、緊張して

レバレッジ特許翻訳講座のsuzukiです

 

っていっちゃいました。先生、ごめんなさい。

 

②13分くらいのところで、出願人が台湾、中国、韓国の企業である出願をみて、台湾、中国、韓国の出願ですね、とか言っていますが、これは間違いです。出願人の所在が台湾、中国、韓国なだけで、その出願は米国にされたものです。見直してアチャーってなりましたが、こんなへっぽこ動画でもtake 6くらいなので、もう取り直す気力と体力が残っていませんでした。

③移っている秀丸エディタの44行目

×例えば発明の名称、要約に、・・

○例えば請求項に、・・

 

④映っている秀丸エディタの46行目

× claims all ” ta photoresist negative etching”という式になる

○claims all ”  photoresist negative etching”という式になる

動画のレジュメを以下にはっておきます。


※この資料は、suzukiが個人的に行っている方法を共有するために作成したものです。間違っている可能性もあります。この方法を試して何らかの損害を負われても責任はとれませんので、ご利用は自己責任でお願いします。

検索概念:フォトレジストを使ったエッチングで、ネガ型のものに関する対訳を取りたい用語として、「photoresist negative etching」を使ってみる

SmartSearchを選択する理由
Advancedsearchの場合は、検索フィールドとして指定できるのが、

[full collection]⇒キーワードで指定できる範囲が、発明の名称、要約のみ⇒限定しすぎる⇒ヒット件数が少ない
[英語で公報が発行された出願]⇒キーワードで指定できる範囲が、全文のみ⇒ヒット件数が多すぎる

いずれにせよ、請求項と要約、など、細かい指定はできない。
※逆に言えば、上記範囲で問題ない場合はAdvanced searchを使えばよい。

一方、SmartSearchは検索範囲を細かく指定できる。

SmartSearchにおいて、検索DBとして、[英語で公報が発行された出願]を選択する理由
[full collection]を選択すると、指定できる検索フィールドが、title, abstract, inventor and applicantの中からしか選択できない。

理由:
https://worldwide.espacenet.com/help?locale=jp_EP&method=handleHelpTopic&topic=abstractcoverage
にあるように、[full collection]でヒットする公報は、もともとは英語で書かれているわけではないものが混ざっている。公報自体は韓国語、中国語のものが混ざっている。
←なぜ、英語で検索できるのか
公報が英語で発行されなかったものは、発明の名称、要約、発明者、出願人など、一部の情報のみを、Espacenetがせっせと翻訳している。(http://niatnuom.com/blog/archives/173)
請求項、実施形態などは翻訳されていない⇒検索フィールドとして指定できない

[英語で公報が発行された出願]なら、すべての検索フィールド候補から選択して指定することができる。

⇒検索DBは、[英語で公報が発行された出願]を選択するのが無難。
※E’storage 2016からは対応している。

例えば、請求項に、「photoresist negative etching」が使われている公報という方針で検索する場合、
claims all “ta photoresist negative etching”という式になる。

フィールド識別子はhttp://niatnuom.com/blog/archives/187
演算子はhttp://niatnuom.com/blog/archives/190

しかし、現在なぜか
SmartSearchのDBで、[英語で公報が発行された出願]を選択しても、英語で公報が発行されていない出願(ファミリーにも、英語で公報が発行された出願がない)がヒットするという事態が発生中。
http://blog.1smartworks.com/2016/04/espacenet-3.html
にもあるように、不安定である可能性あり。

本来の目的”公報が英語で発行された公報データが欲しい”という目的のために、
検索式には、英語公報であることを限定する検索式を掛け合わせた方が無難。

例えば、欧州、米国の出願、又は、国際出願で、かつ第1国出願が欧州又は米国である、という条件ならば
ap any “US EP” or (pr any “US EP ” and ap = WO)など。
ただし、英語圏の国は他にも存在するので、対象とする技術分野の有力企業などに合わせて適宜変更する。

その他
—————————————————————–
アクセス制限されないための工夫
マニュアルP5にあるように、Retrieve list upto でmaxまで情報を取得→エクセル保存。番号指定で、細切れに取得する。

————————————————————–
質のよい英文を取りたい
pr any “EP US”などと指定する。

スポンサーリンク

22 件のコメント

    • まったりさん

      はじめまして。suzukiです。

      コメントありがとうございます。ブログ、ちょくちょく拝見しています(^ω^)お。
      さきほど承認しましたので、あやしいアカウントからメールが届いたか
      確認をお願いします・・・お(^ω^)

  • はじめまして。
    受講生、「島で特許翻訳」の島人です。
    いつもブログ記事を参考にさせていただいてます。

    E’storageを使い始めて間もないので、
    ぜひ特許検索の参考にさせていただきたいです!

    よろしくお願いします。

    • こんにちは。こんな昔の記事まで見ていただいてありがとうございます。

      >E’storageを使い始めて間もないので、
      >ぜひ特許検索の参考にさせていただきたいです!
      >よろしくお願いします。
      もちろんOK牧場です。
      あやしいアカウントからのちほど招待メールがいきまーす。

      勉強お互いがんばりましょう。

    • 初めまして、suzukiです。コメントありがとうございます。あやしいアカウント名の招待メールがyoutubeから届きますので、そちらにあるURLから視聴できます。

  • 料理の動画を期待してワクテカしていましたが、
    espacenetということで、「おお!かっこいい」<ちょろいヤツ
    となりました。ぜひ、観てみたいのでお願いします。
    別に「レバレッジ特許翻訳講座のsuzukiです」を聞きたいわけじゃないです。
    本当に。
    聞いても笑ったりしません。

    • リクエストありがとうございます。早速登録させていただきます。怪しいアカウント名の招待メールがyoutubeから届きます。
      >別に「レバレッジ特許翻訳講座のsuzukiです」を聞きたいわけじゃないです。
      >本当に。
      >聞いても笑ったりしません。
      優しいフォローありがとうございます。が、私には講座受講者ならsuzukiさんもえらくなったものね~と吹き出す未来が見えます(笑)

  • suzukiさん

    早速動画拝見いたしました。
    ありがとうございます!

    2時間ぐらいかけて、自分で手を動かしながらトレースしました。
    これまで<演算子><識別子><検索式>の存在すら知らなかったので、
    これらに対する心理的なバリアが消えました。

    ビデオを見ながら秀丸にメモした内容を、
    勝手ながら別途メールさせて頂きます。

    思ったこと(感想)も追記しましたので、
    フィードバックとして参考にして頂ければと思います。

    ありがとうございました!

    • わざわざご連絡ありがとうございます。私自身も退社するまでespacenetをそんなに使い込む機会がなかったので、伝えることありきで調べるのはすごく勉強になります。メール楽しみにしています。

      • 何度も失礼します。

        講座ビデオを拝見してから、
        貴ブログの関連記事の内容がスッと入ってくるようになり面白いです。
        やっぱり食わず嫌いだったんですね。

        調査ノートも改定して、
        演算子、識別子についても、調査中すぐに活用できるよう
        知子の情報にまとめさせて頂きました。

        (返信は不要でございます。何度もお邪魔してますので)

    • 早速コメントいただいてありがとうございます。誰も連絡くれなかたらどうしようと思っていたので、とっても嬉しいです。怪しいアカウント名の招待が、youtubeから送られると思います。スパムとして分類されやすいと思われるので確認をお願いします。

  • 今朝のビデオでも言いましたけど
    料理しながらの解説って
    やってみるとイイですよ。

    なんでもそうですけど、
    やってみると分かります。

    結構大変だなって。(^_^;)

    でもそれでやめちゃダメなんです。

    • 伝えたい、という気持ちが先行しているので、しんどいですが楽しかったです。むしろ、時間を忘れてしまって、トライアルとか勉強しなくちゃいけないから、自制しなくてはという気持ちの方が大きいです。疲れましたが、やめたいとは思いません。

      料理動画もいいですね。難しい工程とか、同時並行でやるときの感覚とか伝えるのに有効な気がします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です